ボルトとナット

日本では第二次産業と言われる、原料を加工して出荷する生産方法の発達により、急激な高度経済成長を行なうことが出来ました。
今でも日本の第二次産業のレベルは高く、高い技術力を活かして様々な製品を作り出すことが出来ます。
その中でも、高度経済成長期を支えて最も発展していたのが工業製品を作り出す工場です。
現在は第3時産業の発達などにより以前よりも工場の数は減っていますが、その分より高い技術力を有している工場が工業製品を作り出しています。
工業製品を作り出す過程では多くの素材が利用されており、それぞれの特性を活かした工業製品が作られています。
どのような素材の種類があるのかを知り、それぞれの特性を活かした工業製品を利用していきましょう。